プロ級の我が家の簡単メンテナンス術

神経質な姑と、大雑把な私が同居することになった。

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

プロ級の我が家の簡単メンテナンス術

神経質な姑と、大雑把な私が同居することになった

36歳 女性
神経質な姑と、大雑把な私が同居することになった。
夫の実家に入るに当たり、リビングの床が少し気になった。長年、大きな窓から入る明るい日差しに照らされ、カーペットがない場所のフローリングが色褪せていたのだ。大工さんに依頼しようという姑。
でも、たったの30センチ四方の修繕。大工さんに出来て私に出来ないわけがない、失敗したら大工さんに頼めばいいと、ホームセンターでアルバイトをしていた経験とコネを使い、自分で直すことにした。

まずは、フローリングの表面をサンドペーパーで磨き、ニスを落とす。姑の心配そうな視線を背中に感じながら、ホームセンターの知り合いの従業員に教えてもらった塗料を塗りこむ。2色買い、交互に塗りながら周りの色に合わせてゆく。乾いたら、ニスでコーティング。
失敗したらどうしようかとドキドキしていたが、自分の主張通り完成したのが何とも嬉しかった。時間が経っても特に目立った変化もなく、平和に暮らしている。

おすすめ

Copyright 2017 プロ級の我が家の簡単メンテナンス術 All Rights Reserved.